健康経営への取り組み

健康経営宣言

社員が安心して働ける環境を整備し、心身ともに健康で、何事にも情熱をもって挑戦し続けられるよう様々な制度を導入しております。

社員のヘルスリテラシー向上のため「健康ポータルサイト」を導入し、健康に関する情報の発信や健康診断の結果を経年管理しております。

また、社員一人ひとりの健康増進をサポートする仕組みとして「健康ポイント」を導入。ウォーキングチャレンジや毎日の生活習慣をチェックする生活習慣チャレンジなどを実施し、楽しく健康になれるような取り組みを進めております。

今後も当社では、社員一人ひとりが健康に活き活きと活躍できるよう、健康サポートを整備すると共に、当社の事業により健康で明るい社会を創れるよう、働く人々をサポートして参ります。

NEWS

『健康経営銘柄 2021』に認定

経済産業省と 東京証券取引所が共同で選出する『健康経営銘柄 2021』に認定されました。「健康経営銘柄2018」より2度目の認定となりました。
社員が安心して働ける環境を整備することで、社員の活力向上や生産性の向上を図り、健康で明るい社会を創ることを目指して、これからも健康経営を推進してまいります。

推進体制

全社における従業員の健康保持・増進の担当役員は代表取締役副社長とし、人事部に属する健康推進担当が中心となり、産業医や衛生委員会等と連携して体制を整備するとともに、効果的な施策を実行。また、経営上の重要な事項として健康診断受診率、時間外労働の状況等を経営会議にて報告。

健康課題と取組内容

当社の健康課題に対して、目標値の設定を行い、それぞれに対する取組を行うことで、健診受診率を改善します。その結果、社員一人ひとりが健康に活き活きと活躍し、企業業績と生産性の向上に繋げます。

健康課題 目標値 取組内容 実施頻度
健診関連 健康診断受診率 100% 健診予約代行(日時決定)
受診勧奨徹底
全社/年1回
保健指導受診率 100% 管理者・従業員の教育
健保との連携
全社/年1回
(6ヶ月間)
生活習慣 喫煙率 0% 就業時間内全面禁煙
禁煙プログラムの提供
全社/随時
運動習慣者比率(※) 50% 歩数アプリ提供
健康ポイント実施
健康ポータルサイトによる情報提供
全社/随時
メンタルヘルス ストレスチェック受検率 100% 管理者・従業員の教育
個別受診勧奨徹底
全社/年1回
休養 時間外労働 15時間未満 管理者・従業員の教育
自社独自の働き方改革
「Neo Works」の推進
全社/随時
有給取得率
全社平均 80%以上
独自の有休制度の制定

  • アニバーサリー休暇
  • +1休暇
  • スーパープレミアムデー等
全社/随時

※運動習慣者比率は「1週間に2回、1回当たり30分以上の運動を実施」している人の割合を指す

健康経営の個別施策に対する投資額(2020年度)
約680万円

※弊社の扱うサービス(健康ポイント等)・健康診断・常備薬の費用はすべて除いております。

数値目標の設定に至った背景・根拠

社員の健康をより促進し、社員一人ひとりが健康に活き活きと活躍することを目指すため、数値目標の設定に至りました。
健康診断の結果や勤怠情報の数字を根拠に、実現可能な目標値を設定しております。

健康戦略マップ

具体的な個別施策(例)

・社外講師による社内健康セミナー/実施回数8回/2021年度 ※テーマ:健康経営について・メンタルヘルス・高齢者の健康 等

・女性の健康セミナー/実施回数2回/2021年度

具体的な取組み内容

その他

健康診断(法定健診・生活習慣病予防健診)、健康医療相談(産業医)、ストレスチェック実施、エイドルーム完備

実施結果

実施 2018年度 2019年度 2020年度 目標指数
健診受診率 100% 100% 100% 100%
定期健康診断後の精密検査受診率 - 20.10% 41.40% 100%
ハイリスク者への施策の参加状況(保健指導継続率等) - - 14% 20%
血圧リスク 1.00% 0.40% 0.60% 0%
血糖値リスク 0% 0.50% 0.30% 0%
喫煙率 22.80% 12.3% 11.2% 0%
健康診断の問診票の集計結果(運動習慣者率) 39.1% 15.30% 18.7% 50%
健康診断の結果指標(適正体重者率) 60.90% 62.80% 63.7% 70%
ストレスチェック受検率 98.20% 100% 100% 100%
ストレスチェックの集計結果(高ストレス者率) - - 10.0% 0.5%
労働時間の状況(平均年間残業時間) 20時間 14時間 20時間 15時間
有給取得状況 75.60% 78.60% 68.00% 80.00%
離職の状況(平均勤続年数) 7.3年 6.8年 6.4年 7年
傷病による休職の状況(年間休職人数) 2人 5人 10人 5人
プレゼンティーズム(出勤はしているものの、健康上の問題によって完全な業務パフォーマンスを出せない状況)※WHO-HPQの絶対的プレゼンティーズム(0~10点)を用いた従業員調査を実施。 - - 6点 7点
アブセンティーズム(傷病による休職日数)※長期欠勤の平均日数 - - 46日 30日
ワークエンゲイジメントの状況※仕事の職務へのやりがいや達成感について質問する項目について、「大変得られている・やや得られている・あまり得られていない・まったく得られていない」の4段階で調査を実施。大変得られている・やや得られていると回答した社員は67%。 - - 67% 80%
広く従業員に行う施策の参加状況 - - 70% 100%
各施策の従業員の満足度 - - 75% 100%
従業員のヘルスリテラシーの状況※ヘルスリテラシーについて自身をどのように評価しているのか調査を実施。自己評価が高いと回答した社員は35%。 - - 35% 100%
ハイリスク者の管理(治療継続)率 - - 66% 100%

◇健康課題の改善に関して

残業時間の推移については、2016年からネオワークスに取り組んでおります。 ネオワークスとは、「業務の再構築×社員一人ひとりのレベルアップ」の両輪によるベネフィット・ワンの加速度的な成長を目指した、当社独自の働き方改革の名称です。当社の強みである会員ネットワークを活用し、定型業務については雇用関係によらない外部人材への委託を積極的に推進するとともに、内部社員の仕事を企画・開発やマネジメント等の非定型業務に特化させることで、圧倒的なアウトプットの創出を目指しています。ネオワークスを促進し、生産性の向上に努めた結果、残業時間を減少させ、社員の健康をより促進することと共に、企業価値向上を目指しております。

◇定量的でない取り組み成果

日々の歩数や体重等が管理でき、生活習慣改善の取り組みによりポイントを貯められ、貯めたポイントで賞品と交換できる健康ポイントプログラムを導入。本プログラムの導入後の調査結果では76%が満足と回答。「自分の生活習慣を見直すことができた」「健康意識するようになった」「働くことに対してのパフォーマンスが変化してきている」等のコメントがよせられており、健康診断結果にも今後影響を及ぼすと思われる。

◇取り組みの経営に対する影響の分析

企業業績

売上高は2019年度37,271百万円に対して2020年度37,841百万円
営業利益では2019年度8,394百万円、2020年度9,774百万円と売上、営業利益ともに増加している。

労働生産性(売上総利益/従業員数)

2019年度は2016年度と比較して133%と増加している。
また一人当たり平均残業時間においては、2017年度は16.4時間に対し、2019年度は13.7時間と減少。

新卒採用・中途採用について

新卒採用・中途採用において、当社の健康経営の取り組みが応意思や志望動機に好影響を与えていると考えられる。

※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

グループオリジナル体操で朝礼や会議前の数分間で体を動かすことを推奨

専門講師を招いて睡眠・メンタル・健診結果の見方等のセミナーを実施

健康ポイントで楽しく健康活動に取り組めるようウォーキングチャレンジを実施

一人ひとりの健康情報の可視化&分析(ベネワン・プラットフォーム)

Pマーク くるみんマーク

| HOME | COMPANY | SERVICE | NEWS | IR | WORK STYLE | RECRUIT | CONTACT | JP / EN |