人事領域のDX化で“組織”の活性化と“個人”の最大能力発揮

データ活用プラットフォーム
ベネワン・プラットフォーム

▼ベネフィット・ワン CM
▼ベネワン・プラットフォームとは

人事部のみなさま、こんなお悩み抱えていませんか?

個人の最大能力発揮×組織の活性化=働きがい(質)、生産性=働きがい(質)÷仕事に費やす時間

企業の生産性向上には、
従業員の「働きがい(質)」獲得への働きかけが重要

個人の最大能力発揮×組織の活性化=働きがい(質)、生産性=働きがい(質)÷仕事に費やす時間
“働きがい(質)”獲得は人事部の担当領域
人事部自体が強い組織となり、企業の生産性向上に期するには
人事部のDXを推進する必要がある

ベネワン・プラットフォームとは

人事部のDXを実現するためのデータ活用プラットフォーム

集める、見る、分析する

例えば…

HR情報

所属長のかたは

人事担当者・健康管理室のかたは

  • 健診受診率、面談実施率の可視化
  • 長時間労働のグラフの可視化
  • ライフスタイル調査
  • ストレスチェック結果の可視化
  • コロナ対策(検温)アンケート結果の可視化
  • ワクチン接種予約管理 NEW!

健康ダッシュボード機能

健康に関する情報をグラフ表示したダッシュボードの提供

人事評価

組織間で従業員を異動した際、売上、残業状況、有給など数値データの組織合計の変化を可視化

1つ1つのデータを見るのではなく、
1人ひとりのデータの見える化
「人」のマネジメントが企業経営の重要なカギ

従業員のかたは

HR情報の可視化&分析

  • 業績評価の推移
  • 労働時間
  • スキル
  • モチベーション
  • アンケート

健康情報の可視化&分析

  • 健康診断結果
  • 労働時間(残業時間)
  • ライフスタイル調査
  • ストレスチェック
  • アンケート

導入メリット

「業務」・「システム」の両面から価値が提供され、
人事部はコア業務に集中

業務一本化、コストメリット、ガバナンス強化
人事部のDX化により
「人」に着目した重要なマネジメント指標の把握が可能に
それにより“組織の活性化”を実現
将来的にはこれらの分析データを基に
従業員一人ひとりに最適なサービスを提案
“個人の最大能力の発揮”を実現

オープンプラットフォーム構想

ベネワン・プラットフォーム外部パートナーとも柔軟に連携可能
様々なHRTechサービスと連携することで、
蓄積されていく人事データを活用できるようになります。

オープンプラットフォーム構想

外部連携サービス

  • ERPパッケージ
  • 労務管理サービス
  • サーベイツール

ベネフィット・ワンならではの強み

人事に関するBPOサービスのトータルソリューション提供

「人」にまつわるサービスをトータルで提供、「人」にまつわるデータをトータルで集積
人事部のDX化実現にはワンストップでのサービス提供が必須
ベネフィット・ワンでは
ワンストップで「人」にまつわるサービスを提供

資料請求・お問い合わせ