MENU

PERSON

MEMBER05

佐藤 慶

システム開発部
開発グループ グループ長

PERSON

MEMBER05

佐藤 慶

システム開発部
開発グループ グループ長

KEI SATOU

PERSONAL 
PROFILE

プロフィール

2011年中途入社
プロジェクトマネージャーとして複数の開発案件の指揮を執りながら、社内のエンジニアのマネジメントも行っています。当社で動く案件は年間数百件。全社で動いている案件のステータスを把握する立場にあり、事業規模の伸びを肌で感じます。

MEET 
BENEFIT ONE

入社動機

前職では開発ベンダーとしてベネフィット・ワンのサービスに関わっており、会社のビジョンやサービスの将来性に魅力を感じていました。だからこそ、決められたものを開発するだけではなく、もっと企画と密に関わり、開発をよりスムーズに動かす上流の部分から携わりたいという想いが強くなったため、転職を決意しました。

WHAT I THINK

心がけていること

どんなときであっても、直接自らコミュニケーションを取ることを意識しています。システム開発部は企画という上流部分から案件に携わりますが、そこで受け身になるといいサービスは生まれないと思っています。どんなにIT化が進んでいても、創り手は「人」です。だからこそ、自ら寄り添って、とことん話し、企画やユーザーの想いをくみ取りにいく。そうすることで、互いのベクトルを合わせて、仕事を進めていきます。開発を依頼されるというよりは、企画を実現に持っていくための舵を、自ら取る気持ちで臨んでいますね。

HOW I MOVE

実際に取り組んでいること

メールや電話だけではなく、きちんと当事者と会って話をするようにしています。営業現場にはもちろん、松山の拠点にも必要であれば足を運びます。たとえ小さな仕様変更や共有事でも、可能な限り対面で話をしたいので、ミーティングが重なることも…。こうした行動を続けていると、ITの視点、ビジネスの視点、ユーザーの視点と、あらゆる方向からサービスを実現させる方法を考えることができ、より良い方向に持っていくための議論も活発化します。もちろん互いに忙しい時期もありますが、普段から対話を心がけていると、意思疎通の精度が上がるので、結果的に効率も良くなるのではと感じています。

CAREER&VISION

2011

2015

2016

VISION

前職で担当していた当社のシステムの運用保守を入社後も担当。同時にベネフィット・ステーションの多角展開に伴うOEM化も行っており、CRM事業部とも密接に連携を取っていました。コミュニケーションを大切にし始めたのはこの頃かもしれません。

チーム長に昇格。今までの開発案件には引き続き携わりながら、マネジメントの視点をも意識し始めました。必然的に目を配る案件数が増え、社内でも「佐藤がいないと回らない」と言われるほどの存在に。

グループ長に昇格し、マネジメントする範囲は部内全体へと広がりました。メンバーの育成はもちろんですが、自分自身がキャリアアップを図っていくことで、メンバーのフラッグシップとなれたらと考えています。

今以上に、会社の成長や環境向上にエンジニア視点で貢献していきたいので、1、2段階ステップアップをして、経営層と密にコミュニケーションを取る立場を目指しています。そのために、エンジニアとしてのスキルだけではなく、ヒューマンスキルも今以上に磨いていきたいですね。

2011
前職で担当していた当社のシステムの運用保守を入社後も担当。同時にベネフィット・ステーションの多角展開に伴うOEM化も行っており、CRM事業部とも密接に連携を取っていました。コミュニケーションを大切にし始めたのはこの頃かもしれません。
2015
チーム長に昇格。今までの開発案件には引き続き携わりながら、マネジメントの視点をも意識し始めました。必然的に目を配る案件数が増え、社内でも「佐藤がいないと回らない」と言われるほどの存在に。
2016
グループ長に昇格し、マネジメントする範囲は部内全体へと広がりました。メンバーの育成はもちろんですが、自分自身がキャリアアップを図っていくことで、メンバーのフラッグシップとなれたらと考えています。
VISION
今以上に、会社の成長や環境向上にエンジニア視点で貢献していきたいので、1、2段階ステップアップをして、経営層と密にコミュニケーションを取る立場を目指しています。そのために、エンジニアとしてのスキルだけではなく、ヒューマンスキルも今以上に磨いていきたいですね。

WORKS

会員専用のクーポンサイト「ベネ!PON」。今はサービス終了してしまいましたが、入社してすぐに企画から開発、運用保守まですべて自分で担当した案件なので、思い入れが深いです。

「Benefit Station Private」は当社の代表的な個人向けサービスです。サーバーのトラブルなど、乗り越えるべき課題が多かったのですが、CRM事業部と二人三脚で創り上げた思い出があります。